Category

広く見せるレイアウト

広く見せるレイアウト

実際にお部屋を広く見せるにはどのような方法があるのでしょうか。さっそく見てみましょう。

ベッドを中心にレイアウトを考えてみる

お家で一番心が安らぐ場所といえばおそらくベッドではないでしょうか。人によっては広いベッドがいい、あるいは癒しを中心に考えたベッドをコーデしたいなど、ベッドを中心にしてお部屋をイメージする人も少なくないはずです。またベッドはインテリアの中でも一番といっていい程面積を使いますのでレイアウトはよく考えなければいけません。ワンルームなどであれば尚更です。
ベッドを中心としたレイアウトを考えるのであれば、まずはベッドを壁沿いに配置するようにしましょう。お部屋を広く見せるポイントとして大切なのが壁をつかったレイアウトです。壁に沿って家具を置いていくことで、視界が通りやすくなるのです。一直線に物ををレイアウトすると良いと言われているため、壁を上手に活用してレイアウトを考えてみましょう。

低めのアイテムを選びましょう

ベッドはやはり幅が気になります。そこでベッドの圧迫感をなくすためのレイアウトとして大切なのがその他の家具です。ベッドを中心として考えるのであれば、家具は高さの低いものを選びましょう。ベッドと同じくらいの高さで家具を揃えることで全体の圧迫感をなくすことができ、心理的に部屋全体が広々とした空間に見えるようになります。意外と高さの無いベッドは視覚的にそこまで大きくは見えないので、家具の高さも揃えて統一感のある空間にしましょう。

仕切りを活用してワンルームをセパレート

ワンルームとなるとお部屋が使いにくいイメージがありますが、少し広いお部屋であれば収納家具などを仕切り代わりに活用すれば分かりやすくお部屋を区切ることも可能です。大きめの収納家具を選び部屋を割るようなレイアウトで配置すれば余分な家具を買わなくて済みますし、お部屋全体のイメージも変えることができます。お部屋が少し狭いと感じている方であれば、仕切りとして使う収納家具の高さも少し低めにして空間に余裕を持たせるようにしましょう。

収納家具を活用してホテルを演出

お家の物を整理するのに欠かせないのが収納家具です。ですが収納家具も単に仕切りとして置くだけではなく、ベッドと収納家具をセットで考えたアレンジ方法もあります。最近では収納家具がベッドの下に付いているものも販売されていますので、スペースを有効活用したい方はおすすめです。広さを確保できるので、余ったスペースに間接照明を置くこともでき、ホテルのような演出も可能です。

とりあえずコレはチェック!