Category

間接照明でリラックス

間接照明でリラックス

間接照明を上手く取り入れることができれば、あなたのお部屋がおしゃれな空間に変わること間違いなしです。では、実際にどうやって取り入れるとよいのでしょうか。

そもそも間接照明って?

おそらくこのページを読んでいる人の中には、間接照明について何となく知ってはいるけど実際のところ何か分かっていない人が多いかと思います。照明は通常であれば何も被せずに蛍光灯や電球などを単体で使用しお部屋を照らしますが、間接照明は単体でなく何かを挟んで間接的に光を照らす方法のことを言います。間に何か挟むことで光と影による濃さと淡さを出すことができるため、お部屋全体に立体感が生まれリラックスできる空間を創り出すことができるのです。よく勘違いしている人がいますが、オレンジ色の光の照明を間接照明とは言いません。間接照明の一般的な照らし方は壁に光を反射させて室内を照らす方法です。

天井を照らすことで更に効果的に!

間接照明は電球や蛍光灯とは違って照らす力はあまり強くありません。かといって薄暗い状態では生活するのに不便です。その場合、天井を照らして使用する間接照明を選ぶようにしましょう。天井を照らす間接照明を選べばお部屋全体に光を拡散することができますので、おしゃれさが増すだけでなく全体的に光がさすため明るくなり暮らしやすい空間にしてくれます。

スポットライト型で強調

これまで紹介してきた方法に加えてさらにおしゃれさを強調するのであれば、一つのインテリアに集中して間接照明のスポットライトが当たるような配置にするとよいでしょう。例えばお部屋に飾ってあるインテリアや写真、絵画などがおすすめです。もしも間接照明をあてられるようなインテリアが何もなければ、テレビなどの裏を照らすとバックが映えておしゃれになるので良いかもしれません。部屋全体が少々暗くてもテレビの周りは明るくなるので見やすくなるでしょう。
もしくは、お休みの日にベッドやソファの上で過ごすことが多いようであれば、その近くに間接照明を置くのもよいかもしれません。観葉植物などを置いている場合はその裏を照らすのもよいでしょう。

間接照明についてのまとめ

いかがでしたでしょうか。間接照明は単に光を照らすだけの活用方法ではなくて、置く場所や光の照らし方一つで部屋全体のイメージが大きく変わってきます。お部屋をアレンジしたい方はぜひ取り入れてみて下さい。

とりあえずコレはチェック!